医療サービスと健康管理

検診時の痛みを減らすために

検診時の痛みを減らすために
マンモグラフィーといえば、痛みを伴う検査として知られています。

 

多くの女性に強烈な印象を植え付けてしまっている検査です。
これは、乳がんの早期発見を目的としたもので、検査台の上に乳房をのせて、圧迫板で乳房を押し広げて、そこにエックス線を照射するのです。

 

この段階で多くの女性が、乳房を押さえつけられる時に強い痛みを感じるのです。
どうして乳房を押さえつける必要があるのかというと、乳房の中には乳腺が張り巡らされているので、エックス線画像では、この乳腺が白い線として映し出されます。

 

ここで乳がんなどの腫瘍があれば、白く浮かび上がってくるようになっているのですが、乳腺の画像と重なってしまうと発見しにくくなってしまうのです。
こういった事態を避けるために、撮影の際には、乳房を強く圧迫して乳腺を押し広げることによって、容易に腫瘍を発見できるようにしているのです。

 

乳房を押し広げなくてはいけない理由は、もうひとつあります。それは、撮影の際の被爆量を減らすためです。
乳房の厚みがあればあるほど、放射線量が高くなるので、これを少しでも少なくするために、なるべく乳房を薄くしておく必要があるのです。

 

以上の2つの理由からマンモグラフィーの検査は、痛いと認識されているのです。
そして、痛いというイメージが強烈につきまとっているので、そのことを理由にして検査を避けてしまっている女性が多いのです。

 

乳がんの受診率を高めることが、早期発見につながっていくので、撮影時の痛みというものは、医療の現場においては解決されなくてはいけない課題となっています。
完全に痛みをなくすことはできないが、少しでもそれを軽減させて、撮影時の画像を高解像度のものにして、女性の不安をなくすことができないかということで開発された技術があります。口唇ヘルペス薬

 

乳房を圧迫するときの板にその技術は使われていて、素材としては通常の圧迫板と同様のポリカーボネート製ですが、乳房と接触した時に圧迫板が乳房の形に沿って傾斜してくれるようになっているのです。

私は50代の男性会社員ですが、今年19歳になった長男は二年前よりうつ病を患っていて、ずっと闘病生活が続いています
。私はうつ病患者の父親として、その間、うつ病という病気について嫌でも考えさせられてきました。

 

その結論として言えることは、うつ病とは、本当に得体の知れない病気だということです。
うつ病は心の病であるという側面がある一方で、脳の病気であるとも言われています。

 

その症状も患者によって様々であり、非常に多岐に渡っています。しかも双極性傷害などとの境界線も曖昧であり、治療方法も様々にあります。
インターネットなどで調べてみても、実に色々な治療法や対処法を探すことができます。

 

それは、裏を返せば確かな治療法はまだ確立されてはいないということです。
とにかく、うつ病には特効薬などはありません。

 

軽度の患者は比較的簡単に治ることもあるのでしょうが、息子の場合はそれほどの重度ではないのですが、この二年間、治る気配が感じられません。
もちろん、専門の病院に通院して、薬も毎日飲み続けています。しかし、それでも治りそうには見えないのです。

 

現代は、高度に医学が発達しています。特に日本は、世界的に見ても医療のレベルは高いはずです。
それでも、うつ病はなかなか治せない病なのです。

 

患者によっては、十年、二十年の長いスパンでの治療が必要であり、実際に何十年も患っている患者も少なくはありません。
また、一旦は治ったように見えても、後になって再発することもあったりして、本当に厄介な病気です。

 

それにうつ病患者を抱える家族の立場も、結構辛いものです。どう接して良いかも分からず、途方に暮れるばかりです。
それに実際に息子がうつ病となって分かったことですが、家族がうつ病患者にしてあげられることは、殆ど何もないのです

 

。確かに、「こうしたら良い」、「ああしたら良い」という意見は沢山ありますが、それも確かとは思えません。
今はただ、うつ病が確実に治る治療法が、早く開発されて欲しいと願うばかりです。

桜も各地で続々と開花し暖かい陽気になる日も多く、
春を感じられるようになってきている今日この頃ですが、実は春は体調を崩しやすい季節でもあるんです。

 

日本には四季がありますが、春はその中でももっとも寒暖差の激しい季節と言えるでしょう。
春はぽかぽか陽気で気持ちの良い日もあれば、まるで冬が帰ってきたかのような寒い日もあり、とにかく寒暖の差が激しい季節です。

 

そして、昼と夜の温度差も激しく、昼夜で違う季節並の温度差になっていることもあります。

 

人間の体というものは極端な寒暖差に対応できるように作られていないため、寒暖差の激しい春に体調を崩すことが多いのです。
春の寒暖差は人間の自律神経を狂わせ、体調を維持する機能を低下させてしまいます。アレルギー性鼻炎薬

 

やっと冬が終わり、春になったからコートを脱いで春めいた洋服を着て出かけたいとお考えの方は多いと思われますが、春は着衣による温度調整も重要です。

 

冬は寒いということがわかっているし、何より冬は一日中寒いので家を出る時からきっちりと防寒対策をして出かけることができますが、
春は暖かいというイメージが先行しているのと、夜は寒くなることもありますが、日中こそ暖かい日が多いのでつい薄着で出かけてしまう人も多いと思います。

 

そのため、寒いとわかっている冬より、寒さを想定しづらい春の方がより外気に晒されやすく体調を崩しやすくなってしまうのです。
短時間の外出なら問題ありませんが、帰る時間が夕方より遅くなる場合は注意が必要です。アレグラ花粉症

 

昼間の暖かさに油断して薄着で出かけてしまうと、夜や夕方に帰る頃には冬並みの寒さになっていて、
冷たい外気にさらされて風邪を引いてしまうことも珍しくありません。

 

日中、暖かい日でも帰りが遅くなるときは必ず何か羽織るものを持っていき、夜の寒さに対応できるようにしましょう。
夜は湯船につかり、しっかりと体を温めましょう。

 

体を温めることに最適な温度は38度から40度くらいの熱すぎないくらいの温度です。

 

春に健康を保つためには細かな体温調節が重要です。

女性の3人に1人は持ってると言われる子宮筋腫ですが、
私もその1人で私の筋腫発見は20代前半で当時下腹部の鈍痛が数か月続いた為婦人科を受診したのが最初でした。

 

当初は筋腫よりも左の卵巣の腫れを指摘されすぐにCTやMRIなどの検査を受け、手術も視野に入れての話し合いが始まりました。

 

ですが次回のエコー検査の時に奇跡的に卵巣の腫れが少し引いていたようでその時の手術は回避されました。
そして卵巣の経過観察の何回目かの受診の時に筋腫を発見して大きさは2p程度でしたので、特に症状も出ていませんでしたのでそのままとなりました。

 

それから月日が流れ体に異変を感じました。
症状は体全体がだるい、少しの距離を歩いた程度で息切れをおこす、

 

立ちくらみなどの症状がでて色々調べた結果筋腫による貧血でした。
筋腫の大きさは6センチ位と4センチ位と後小さい筋腫が多数ある多発性筋腫でした。

 

その時に貧血の数値は通常の半分以下になっていましたので、薬や注射をするも生理が始まるとまた同じことの繰り返しの日々を数年送る事になりました。

 

先生からは完治の事を考えたら子宮ごとの摘出を勧められましたが、
私はかたくなに拒否してしばらくはホルモンの注射で生理を止めて様子をみるも、生理が始まるとまた同じ事でお金を使っての時間稼ぎでしかありませんでした。シアリス体験談

 

そこで仕事もしている事もあり、筋腫のみ摘出の手術を受ける事を決めて腹腔鏡でできる病院を紹介していただきました。

 

結局、子宮を残してますし、筋腫も大きなものだけを切除してますので再発の可能性はずっと付きまとってきますが、
自分の選択に後悔はしてませんのでずっと付き合う覚悟はできています。

 

筋腫の手術後は生理の量も減り以前よりは体が楽になったように感じますが、
定期的な経過観察やがん検診は受けないといけませんので婦人科の先生にはこれまで以上にお世話になると思います。

 

婦人科は何かと後回しにしてしまう病院だと思いますが、もしかしてと思ったら勇気を持った受診は必要だと感じました。

深夜までパソコンを使って仕事をすることが多いので、健康にはなるべく気を使っています。
とくに体に負担がかかるのが眼、肩、腰です。

 

長時間パソコンの液晶画面を見つめ続けているので、やはり目に負担がかかります。眼の負担を少しでもやわらげる対策として、パソコンを使わないとき、または車の運転をするときなどをのぞいては、なるべくめがねをかけず、裸眼ですごすようにしています。

 

やっかいなのは肩と腰の痛みです。こちらも長い時間、同じ姿勢で仕事をすることが多くなるため、どうしてもいためやすくなるようです。
緩和策としては、仕事中、時間を見つけて立って職場内を歩くことなどでしょうか。

 

年齢も四十代に手が届くようになってくると、体の自然治癒力や回復力も下がってくることは否めないので、普段から肩や腰に負担をかけないように気をつけています。たとえば重たいものを持ち上げるときでも、慎重にひざをかがめて取ったり、急激に持ち上げたりなしないなどです。

 

このように仕事中も、普段の生活でも体に負担がかからないように気をつけてはいるのですが、ふとした気の緩みで、体調を悪くすることはやはり避けられないものです。
またそういうときにかぎって、仕事を休めなかったり、子供の学校や幼稚園の行事などで忙しかったりもします。
たとえ体調を崩しても、いつでも仕事や家事を休めるとは限らないので、そんなときは即効性のある薬をつかうことになります。

 

普段はあまり薬を常用することもありませんので、病院で処方してもらわなくても、ドラッグストアなどに売っている風邪薬や痛み止めなどで十分、効き目があるようです。

 

そして薬をのんでも回復しない場合は、病院で診察を受けざるを得ません。
仕事や家庭のことを考えると、なるべく早く直さなければならないので、普段から信頼のおけて、なるべく早く診察してもらえる病院を探しておくようにしています。

 

また肩や腰の痛みなら、整体や接骨院などでも直せる場合があるので、こちらも評判のいいところを職場の同僚に聞いて調べるようにしています。